お久しぶりです!!
本日より、「炭鉄港2011北の近代三都物語」公式サイト、本格始動です!

去年スタートした、道央地域観光戦略会議が主催する広域観光キャンペーン「北の近代三都物語」。
石炭が結びつけた空知・小樽・室蘭の三都市を結び、それぞれが持つ「炭鉱」「鉄道」「鉄鋼」「港湾」という機能にフォーカスを当てた催事を連続して開催するという、大変ユニークな取り組みです。
主体となり活動しているのは、「炭鉱・鉄道部会」。昨年後半くらいから本キャンペーンをなんとなく「炭鉄港」と呼んでいたのですが、内容を端的に言い表していることからメンバー間ですっかり定着し、ついに部会名を「炭鉱・鉄道部会」から「炭鉄港部会」に変更してしまいました!
というわけで、パワーアップして帰ってきた「炭鉄港2011」をどうぞよろしくお願いします!(^^)/

今年の炭鉄港は、7月23日開催の「幌内線路の灯り展」を皮切りに、11月5日のフィナーレまで走りきります。
今年のオープニングイベントは、7月23日、線路の灯り展が開催される三笠市幌内にある「三笠鉄道村」で開催します!
蒸気機関車が、このために動きます(笑)
札幌・岩見沢から無料送迎バスも運行されますので、ぜひ線路の灯り展とセットでお楽しみください。
このバスは、軽食もついて無料なのですが、もれなく線路の灯りのろうそくセッティング労働奉仕もお願いします。
みんなで創り上げてこその「線路の灯り展」ですので、ご参加をお待ちしております!


また11月5日のフィナーレでは、前代未聞の企画を用意していますのでお楽しみに。

 

 

{module [100]}