北海道の近代を作った炭鉱・鉄道・鉄鋼・港湾のつながりをクローズアップしようと2010年から始まった、空知・小樽・室蘭を結ぶキャンペーン「炭鉄港北の近代三都物語」。
今年も旧幌内線での「線路の灯り」を皮切りにスタートです。
空知の炭鉱発祥の地、北海道で最初に開業した「幌内鉄道」の地である三笠市幌内で、オープニングイベントを開催します。
一般の方のご参加、大歓迎です!
今年もみんなで炭鉄港を盛り上げましょう!

■2011/07/28(土)
16:30~17:00 「炭鉄港2012」オープニングセレモニー
三笠鉄道村(三笠市幌内2丁目) http://www.s-304.com/

18:30~20:45 「線路の灯り」点灯…オープニングセレモニーの後、ろうそく設置作業を行います。





 

日時・場所

開催日・時間 7月28日(土) 16:30~17:00
会場 三笠鉄道村
住所 三笠市幌内2丁目

イベント詳細

イベント内容:炭鉄港2012のオープニングセレモニーです。
料金:無料
参加申込み:不要
主催:道央地域観光戦略会議炭鉄港部会
特記事項: 

お問い合わせ先

問い合わせ先:そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター
URL:http://www.mc.soratan.com/
電話:0126-24-9901
メール:infomc@soratan.com 

 

{module [100]}

 

このイベントのタグ:空知 小樽 室蘭 その他 炭鉱 鉄道 鉄鋼 港湾