幌内鉄道全通130年、室蘭本線開通120年記念!NPO法人炭鉱の記憶推進事業団吉岡理事長と行く歴史的建築探訪ツアーの第二弾です。
今回のテーマは岩見沢・美唄の「駅舎」。
廃線となり現在保存されている駅舎だけでなく、現役の函館線・室蘭線の駅舎にも味のある貴重な建築物が多いのは、空知が積み重ねてきた歴史の証です。
鉄道ファンも納得の鉄道ざんまいの行程を、吉岡理事長がご案内します。
また、建築の専門家も同行します。
知的好奇心を刺激する秋の一日を過ごしませんか?

ルート(予定)
岩見沢(そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター)9:00発→志文駅(室蘭線)→上志文駅(旧万字線)→朝日駅(旧万字線)→萱野駅(旧幌内線)→三笠駅(旧幌内線)→唐松駅(旧幌内線)→東明駅(旧美唄鉄道線)→アルテピアッツァ美唄(休憩)→茶志内駅(函館線)→アンテナショップPiPa→岩見沢(16:20頃解散)



(PDF:321KB)

 

 

日時・場所

開催日:10月8日(月・祝)8:50集合~16:20頃解散予定
集合場所:そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター
住所:岩見沢市1条西4丁目3

イベント詳細

ツアー内容:岩見沢発着大人4,500円(炭鉱の記憶会員4,000円) 
募集人数40名 最少催行人員5名 
全行程ガイド同行 
昼食1回(お弁当)付 
旅行企画・参加申込み:美自校ツアーズ(9月18日より受付)0126−62−5489

お問い合わせ先

問い合わせ先:そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター
URL:http://www.mc.soratan.com/
電話:0126-24-9901
メール:infomc@soratan.com 

 

{module [100]}

 

このイベントのタグ:空知 炭鉱 鉄道