北海道初の鉄道である「幌内鉄道」幌内~手宮間全線開通から今年で130周年。
手宮(現:小樽市総合博物館)から幌内(現:三笠鉄道記念館)までのルートをたどりながら「幌内鉄道」を学び、翌日は夕張の鉄道遺産を解説付きでめぐる1泊2日の旅行ツアーです。

出発場所は、札幌駅北口(8:20頃発)または小樽駅前(9:20頃発)。
13日は小樽市総合博物館(旧手宮駅)、北海道鉄道技術館(苗穂)、クロフォード公園(旧三笠駅)、三笠鉄道記念館(旧幌内駅)、夕張泊。
14日は石炭の歴史村SL館、夕張鉄道夕張本町駅跡地、鹿ノ谷橋梁跡、夕張線複線トンネル遺構、大夕張鉄道南大夕張駅跡、清水沢駅、滝ノ上発電所外観、安平町鉄道資料館などを見学。
13日はお座敷車両の団体専用列車(小樽~札幌間、苗穂~岩見沢間)での移動もあります。

 





 

 

日時・場所

開催日・時間 10月13日(土)・10月14日(日)
集合場所:札幌駅北口(8:20)もしくは小樽駅前(9:20)

イベント詳細

イベント内容:手宮から幌内を辿るルート。二日目は三菱大夕張鉄道保存会による解説付き。
料金・参加申込み:詳しくは公式サイトをご覧ください。
主催:北海道旅客鉄道(株)

お問い合わせ先

問い合わせ先:ツインクルプラザ札幌支店
URL:http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2012/120907-2.pdf
電話:011-222-6133

 

{module [100]}

 

このイベントのタグ:空知 小樽 その他 炭鉱 鉄道