「ぷらぷら歩き」は、予約不要・参加登録不要、もちろん参加費無料で、参加できる人が集合場所に集まって炭鉱遺産や街を巡る、ゆるーいまち歩きです。
一町一ヤマの上砂川。三井砂川炭鉱が昭和62年に閉山するまで、上砂川町は三井とともに歩んできました。 
三井砂川中央立坑をはじめ、町内に残る炭鉱の痕跡を、三井砂川炭鉱最後の鉱業所長藤井農夫也さんと一緒にたどります。
コースは上砂川駅→立坑→鉱業所跡→炭鉱館→上砂川駅を予定。
さらに上砂川町の特段のご協力により、閉館中の「炭鉱館」を特別開館予定!!
この機会をお見逃しなく。

☆翌日の「ぷらぷら芦別」は三井芦別エリア。二日連続で三井の炭鉱エリアをぷらぷらします。

 





 

 

日時・場所

開催日・時間:11月3日(土・祝)12:30~14:30
集合会場:旧上砂川駅(悲別駅)
住所:上砂川町北1条1丁目2
中央バス砂川ターミナル(砂川市)から中央バス(歌志内線・上砂川線)乗車、「中央1丁目」下車、徒歩約1分
駅横に駐車場あり

イベント詳細

イベント内容:ぷらぷら歩きシリーズno.13
料金:無料
参加申込み:不要
主催:NPO法人炭鉱の記憶推進事業団
特記事項: 天候に合わせた歩きやすい格好でお越しください。雨天決行です。
上砂川炭鉱館は現在閉館中の施設のため、照明など十分ではありません。特別開館の趣旨をご理解の上、ご参加ください。

お問い合わせ先

問い合わせ先:そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター
URL:http://www.mc.soratan.com/
電話:0126-24-9901
メール:infomc@soratan.com 

 

{module [100]}

 

このイベントのタグ:空知 炭鉱 鉄道