11/3【三笠】ぷらぷら唐松(北炭新幌内鉱ぷらぷら歩き)<要予約>

「唐松ぷらぷら」報告 唐松は、明治38年に唐松炭鉱が、昭和6年に新幌内鉱が開坑された地域。 ガイドは、NPO炭鉱の記憶推進事業団 吉岡理事長と、唐松在住で旧唐松駅を管理されている木村さんです。   初の唐松ぷらぷらということで、理事長が幼少期過ごした町をご案内。 今回は、春光町、緑町、常磐町を中心にぷらぷらします! 幌内線旧唐松駅を始め、北炭新幌内鉱坑口、変電所、旧炭住街などもみられるようです。   ぷらぷら歩き終了後は、「旧唐松駅のホームでジンギスカンを食べる会」をします。 (ジンギスカンのみ、参加費500円となります) ぷらぷら歩きのみ参加も大歓迎です♪   今回のぷらぷらは、事前申し込みが必要となります! 下記の申し込みフォームか、マネジメントセンターへのお電話で、お申込みください。   <申込はこちら> そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター 電話:0126-24-9901 申込フォーム: https://ssl.form-mailer.jp/fms/d7d87796328042  

10/5【岩見沢】ぷらぷら万字炭山・まち歩き

朝日炭鉱と同じ幌向川沿いにあった万字炭鉱の跡を”ぷらぷら”歩きます。 小雨決行、参加費無料、申し込み不要。 ●札幌発着(岩見沢乗降可)のバスツアーも催行 (主催:(株)シィービーツアーズ) <バスツアー料金> ・札幌発着 3,000円(税込) ・岩見沢発着 2,000円(税込) 「万字ぷらぷら」報告

8/23~10/13《土日祝19日間》そらち炭鉱の記憶アートプロジェクト

北海道の近代化を牽引してきた、空知産炭地域。 石炭が積み出されていくホッパー、 石炭を使い電気を生み出す発電所、 その電気をつないでいた送電線の道… 巨大な石炭産業システムを線でつなぎ「炭鉱の記憶」を現代アートの力で掘り起こすことで、 地域の誇りを呼び覚まします。 詳細は、ホームページにて、ご確認ください。 http://sora-coal-art.info

7/26【三笠】線路の灯り2014

senro2014omote_01

夜の静寂に包まれた国鉄幌内線(旧幌内鉄道)の線路にロウソクの幻想的な光が浮かび上がります。 ※雨天の為、灯りの点灯場所が三笠鉄道記念館とクロフォード公園のみに変更となります。 観覧無料 雨天決行 ※三笠鉄道記念館の入場、トロッコ、SLの乗車は有料 線路内は足元が悪いので、歩きやすい靴や服装でお越しください。 懐中電灯を持参すると確実です。 ロウソクの設置作業のお手伝いも歓迎します。 (17:00クロフォード公園駅舎集合)