振り向けば、未来

絶頂期、そして終焉

戦後復興期には、石炭・鉄鋼などを重点的に増産する「傾斜生産方式」や、朝鮮戦争や高度経済成長による需要拡大などにより、石炭産業を始めとする重工業は活況を呈します。

しかし、1950年代後半の「エネルギー革命」により、石油への転換が飛躍的に進んだことや、輸入炭との価格競争の激化により、石炭産業は斜陽化していきました。この時期に起こった産業構造の転換は、人口流出の激化だけでなく、福利厚生を含めた大部分を炭鉱会社に依存していた空知に深刻な影響を与えました。
石炭産業の衰退は、空知の炭鉱とともに発展してきた小樽や室蘭をはじめ、沿線各地域にも影響が及びました。
経済拠点としての地位が低下していた小樽では、都市銀行が相次いで撤退しました。まちの衰退とともに役割を失っていた小樽運河は、埋立整備の方針が打ち出されました。
また室蘭でも、戦後セメントや石油など化学工業の進出があったものの、鉄鋼不況や二度のオイルショック、鉄鋼業の合理化などにより、人口が減少するなど深刻な影響を受けました。

ついに1989(平成元)年、北海道の近代化の先鞭をつけた北炭幌内鉱は、110年の歴史に幕を閉じました。これに先立ち、北海道で最初に開業した幌内鉄道の区間である国鉄手宮線が1985(昭和60)年に、JR幌内線が1987(昭和62)年にその役割を終えて廃止されました。

北海道の開拓から発展を支え続けた空知の炭鉱の火は、1995(平成7)年の空知鉱閉山により消滅しました。

>空知で産出された石炭は、沿線各地の工場で発電用に使用されるなど、道央一帯の工業化に貢献しました。生活や文化の面でも炭鉱の影響は大きく、炭鉱マンたちに好まれる酒や菓子などの産業も次々に生まれました。北炭は多岐にわたる関連事業を展開しましたが、その中には、現在でも私たちの生活に密着しているホテルやテレビ局などの事業もあります。
 

地域再生に向けて

開拓以降120年もの間基幹産業であり続けた炭鉱が消滅し、既に破綻状態にある自治体財政、急激な人口減による少子高齢化等、空知は地域崩壊と言えるほど深刻な疲弊状態に陥っています。
新たな産業に活路を見出そうと、これまでの地域の歴史的文脈にそぐわない分野に挑戦し、失敗したこともありました。
今一度、空知の固有性を見直してみると、あらゆるものが炭鉱の存在によって形成されてきた事実に気づくでしょう。
炭鉱という地域の履歴を消去しては、現在の地域が存立し得ないのです。
しかもそれは、空知から枝葉を伸ばすように発展した、小樽や室蘭をはじめとする各地域も同様なのです。

炭鉱の成立により発展した空知・小樽・室蘭。
疲弊するこれらの地域を再生するためには、蓄積された過去に改めて眼を向け、未来への手がかりを得ることが必要です。
今一度、共に手を携え、過去の結びつきを意識し直すことで、未来を描くことができるのです。
―「振り向けば、未来」