道央圏の発展を先導してきた三都

北海道の近代化の歴史を語るとき、空知・小樽・室蘭の三都市が果たした役割は計り知れません。
地理的に隔たりのあるこの三都市を繋げ、飛躍的に発展させたのものは何か-それは「黒ダイヤ」と呼ばれ、わが国の近代化の原動力となった唯一の国産エネルギー、「石炭」でした。

近代北海道の幕開け・幌内炭鉱の開鉱

oldhoronai

開鉱当初の幌内炭鉱

小樽は、江戸時代からニシン漁の漁場である「オタルナイ場所」として開発されていました。
近代化がスタートしたのは、1872年(明治5)年、石造埠頭の建設が開始された頃で、以降、港湾としての機能が重要視されるようになりました。

一方、北海道開拓期では、エネルギー資源の開発は特に重要視されていました。空知各地を調査したお雇い外国人技術者・ライマンは、現在の三笠市幌内に有力な石炭資源が存在し、大規模炭鉱が成立する可能性を示しました。
そこで開拓使は、1879(明治12)年、北海道初の近代炭鉱である官営幌内炭鉱(現在の三笠市幌内)を開鉱しました。

日本で三番目に開業した幌内鉄道


手宮工場

石炭を運び出すための幌内鉄道は、1880(明治13)年に日本で三番目の鉄道として手宮(小樽)~札幌間が部分開通、1882(明治15)年には幌内まで全通しました。
幌内鉄道は、石炭を小樽港に運び出すだけではなく、北海道内陸部へ入植する人や収穫した農産物の輸送にも活躍し、北海道開拓や産業近代化を急速に推し進める原動力となりました。空知の炭鉱と幌内鉄道は、小樽が北海道のゲートウェイとして一段の飛躍を遂げる契機となったとともに、人や物資の輸送円滑化を通じて道都札幌の発展も支えました。

北炭の創業と拡大


開業当初の幌内太(後の三笠)駅

1889(明治22)年、炭鉱と鉄道は北海道炭鉱鉄道会社(北炭)に払い下げられました。北炭の創業に当たっては、炭鉱や鉄道の権利が破格の値段で払い下げられるなど、政府から様々な特典を受けたものでした。
北炭は、1890(明治23)年に夕張炭鉱、1891(明治24)年に空知炭鉱(歌志内市)を開鉱し、1891(明治24)年に岩見沢-歌志内間、 1892(明治25)年に砂川-空知太(滝川)・岩見沢-輪西(その後1897年に室蘭へ延長)・追分-夕張間に鉄道路線を拡大し、北海道の炭鉱開発において独占的地位を築きました。

太平洋側の良港として着目されていた室蘭は、鉄道が輪西まで敷設されたことにより、空知で産出された石炭を鉄道で室蘭へ輸送し、積出しするルートが確立され、石炭積出港として発展していきました。

空知の炭鉱は、単にエネルギー源としての役割だけではなく、鉄道をはじめとする様々な産業を成立させました。
道央圏を東西南北に結ぶ鉄道の交点となった岩見沢は、石炭を載せた列車が行き交う拠点駅として発展していきました。
また江別市野幌は、札幌にも程近く良質な粘土を産出していたことから、1898(明治31)年に、北炭が建材などに使用するための煉瓦(レンガ)工場を設置しました。野幌にはその後も煉瓦工場が多く進出し、江別がレンガのまちと言われる契機となりました。

鉄道国有化・・・鉄鋼業への進出

hiire
輪西製鉄所点火式

1906(明治39)年には、鉄道が国有化され、北炭は鉄道路線を国へ売却しました。関連事業の柱である鉄道を失った北炭は、関連事業の中核を船舶事業に据えることになり、社名も北海道炭礦汽船株式会社へと変更しました。
北炭は、その買収資金をもとに、1907(明治40)年イギリスのアームストロング社・ビッカース社と合弁で、日本で最初の合弁企業として室蘭に日本製鋼所を設立しました。
その後、、1909(明治42)年には輪西製鉄所(現在の新日本製鐵室蘭製鉄所)を開設するなど、空知の豊富な石炭資源は製鉄業に利用され、戦争による需要拡大を経て室蘭は鉄の街としての不動の地位を確立しました。
一方で鉄道国有化は、北炭の独占輸送体制を崩し、財閥系企業が相次いで炭鉱経営に参入し、空知の炭鉱開発が活発化する契機となりました。

また、空知の炭鉱を足がかりにして日露戦争で獲得した樺太へと勢力を伸ばしたことは、小樽港の一層の発展を促しました。貨物の物流量が増大したことにより、1914(大正3)年、小樽運河が開削されました。金融機関も札幌ではなく小樽に集中して立地し、「北のウォール街」と呼ばれました。モノ・カネ・ヒトが行きかう小樽の拠点性は、樺太への物資供給機能が役割を終える終戦まで続きました。
この三都の活躍が北海道開拓に果たした役割は計り知れないものがあり、その延長線上に、今日の私たちの豊かな暮らしがあるのです。

 

次のページヘ→