11/28 ドイツルール炭田地域視察2015年(第16次隊)公開報告会

20151128ドイツ報告会バナー

1997年から実施しているドイツ・ルール炭田地域への視察。今年8月の第16次隊には、空知総合振興局・美唄市・NPOから6名が参加し、一日平均20,000歩の行程を精力的にこなしました。濃い味・強行軍でしたが、現地を駈け回って得た成果と実感は大きなものがありました。 ルールで得た知見を、空知での炭鉱遺産活用に還元すべく、公開報告会を開催します。 広く多くの方のご参加をお待ちしています。       話し手 (姓名五十音順)   北口博美 さん そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター 佐藤政直 さん 美唄市経済部商工観光課 東 貴弘 さん 北海道空知総合振興局地域政策課長   <同時開催> センター石蔵調査報告 北海道ヘリテージ・マネージャー育成講座の実習の一環として、マネジメントセンターの石蔵(1910年建築)を、専門家の皆さんに調査して頂きました。その成果を発表します。 14:00~15:00 お申込みフォーム お申し込みはこちらから    

8/1【三笠】線路の灯り

線路の灯り2015フライヤー裏2_R

夜の静寂に包まれた国鉄幌内線(旧幌内鉄道)の線路にロウソクの幻想的な光が浮かび上がります。     ナイトトレインSLーS304号運行 19:30発車/鉄道村(有料¥300) 日頃体験できないSL S304号の夜間特別運転 ナイトトロッコ列車運行 18:50発車/幌内→三笠→幌内間往復(有料=大人¥1,000・子供¥500) 鉄道記念館・レストラン(食堂車)の延長営業 〜19:30/鉄道村  

7/25【三笠】ぷらぷら幌内炭鉱

北海道最初の大規模な炭鉱として、明治12年に操業した幌内炭鉱。 今も残る道内最古の坑口、選炭施設、シックナー、変電所などを幌内炭鉱で働いていた炭鉱マン齊藤靖則さんが当時を振り返りながらご案内します。 さらに、ここで生まれ育った当NPOの吉岡理事長も同行し、貴重な産業遺産としての価値を説明しながら歩きます。 非常に中身の濃いぷらぷら歩きです。ぜひご期待ください! 「ぷらぷら幌内炭鉱」報告